2011年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:16 Dec 07 2011

「BASIC」4カ国、COP17に合意の実行を期待

 国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)で6日、「BASIC」4カ国の代表が記者会見し、COP17に対する立場を明らかにし、BASIC4カ国と他の途上国が一致団結していることを強調した。

 中国の解振華代表は「BASIC4カ国はCOP17に対し、バリ・ロードマップに基づき、コペンハーゲン合意とカンクン合意を実行に移すことを期待する」と表明した。

 法的拘束力のある文書の問題について、インド代表は「気候変動対策への政治的誠意において各国間には開きがある。現在最も重要なのは、彼らがこれまでの約束を果たすことだ。この問題において一部先進国は誠意がない」と指摘した。

 ブラジル代表は「法的拘束力のある文書の調印を支持する。だが重要なのは、具体的内容のある合意であることだ。現在鍵となるのは、2020年までの約束を実行に移すことだ」と述べた。

 資金問題について4カ国代表は「先進国は300億ドルの早期資金と2020年まで毎年1000億ドルの長期資金の約束を果たし、グリーン気候基金(GCF)を早急に設立し、監督・執行メカニズムを構築しなければならない」と重ねて表明した。

 同日午後3時に潘基文国連事務総長、フィゲレス国連気候変動枠組み条約事務局長、ズマ南アフリカ大統領ら各国元首や閣僚100人余りが出席して、COP17閣僚級会合の開幕式が行われた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月7日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古