2011年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:35 Dec 07 2011

一川防衛相が失言で窮地に 野田内閣支持率も下落

 日本の野田佳彦首相は5日、一川保夫防衛相を留任させる考えを表明した。野党は一川防衛相について不適任との理由で辞任を要求し、部下の不適切な発言の責任を取るべきだと主張していた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 野党の自民党と公明党は今国会会期末の9日に防衛相問責案を提出する方針だ。

 ■野田内閣支持率が再度下落、国民の半数は総選挙の早期実施に賛成

 共同通信が3、4両日に実施した全国電話世論調査では野田内閣の支持率は11月の前回調査から2.5ポイント減の44.6%で、不支持率は6ポイント増の40.3%に上昇した。消費税増税法案成立前に衆院解散・総選挙を実施すべきとの回答は50.7%と半数を超えた。野田首相の主張する「法案成立後、増税実施前に総選挙」に賛成したのは25.4%だけだった。これは政権運営に影響を与える可能性がある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月7日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古