2011年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Dec 09 2011

2012年:世界各国で大統領選や総選挙

 来年、2012年は掛け値なしに重要な選挙の年だ。米国、フランス、ロシア、メキシコ、韓国、スペイン、モンゴル、ベネズエラ、ドミニカ、東チモール、アイスランド、ガーナ、ケニア、マリ、シエラレオネ、レソト、イエメンで選挙が実施される。中でも国連安保理常任理事国である米、仏、ロの大統領選は世界情勢に計り知れない影響を与える。人民日報海外版が伝えた。

 オバマ大統領の再選にアナリストはすでにやや懐疑的だ。共和党が政権に就いた場合、オバマ政権の進めた「アジア太平洋新戦略」は調整されるのだろうか?アフガン情勢や米ロ関係への対応は?中東での権勢はどう維持するのか?これらはいずれも国際情勢に大きく影響する。

 ロシア下院選はすでに結果が発表された。統一ロシアが絶対多数を維持したが、得票率75%という目標は大幅に下回った。予想外の事態が起きなければ、プーチン首相が来年プーチン大統領になる。

 フランス大統領選は現職のサルコジ大統領、社会党のフランソワ・オランド氏、極右政党「国民戦線」マリーヌ・ル・ペン党首が有力候補と見なされている。だが誰が当選しようとも、欧州をフランスの対外政策の軸とする方針は変わらず、対中関係も当初は緊張しても後に緩和し、適切に処理されるだろう。

 一方、韓国大統領選は少なくとも朝鮮半島情勢に重要な影響を与える。李明博大統領のハンナラ党は団結しておらず、民主党に付け入る隙を与えている。もちろん見通しはまだ不透明だ。だが両党の溝の1つである対朝「太陽政策」を遂行するかどうかは、朝鮮半島情勢も変えうる。

 来年の選挙で選ばれるのは1人1人の個人だが、その影響が及ぶのは世界全体かもしれないのである。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月9日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古