2011年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:51 Dec 09 2011

真珠湾攻撃70周年、日本の再認識は低調

 日本軍の真珠湾奇襲事件(真珠湾攻撃)から8日で70年目になった。戦争を発動した側である日本は、この日を静かに過ごした。政府は公式行事を催さず、公式談話も発表しなかった。同日の国会で野田佳彦首相は真珠湾事件に言及し、日本は反省すべきだと述べた。中国新聞社が伝えた。

 野田首相は参院外交防衛委員会で「この襲撃で戦闘員だけでなく、沖縄、広島、長崎を含む多くの非戦闘員が貴い命を失った。日本はこうした反省に立って世界平和に貢献しなければならない」と表明した。

 日本の各大手メディアはいずれも同日の社説で「真珠湾事件70周年を契機に、この戦争の起きた原因とその被害について再認識し、教訓を汲み取るべきだ」と主張した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古