2011年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:39 Dec 09 2011

「真珠湾攻撃」70周年、評価は諸説紛々 (2)

 ■真珠湾事件の評価は諸説紛々

 ナショナル・モニュメントの首席歴史家ダニエル・マルティネス氏は「近年、真珠湾襲撃の解釈はすでに対立から平和へ変り、双方にとって残酷な戦争であったことを認めるものになっている」と指摘する。

 日本の野田佳彦首相は8日の参院外交防衛委員会で、真珠湾事件70周年について「襲撃によって戦闘員だけでなく、沖縄、広島、長崎を含む多くの非戦闘員が貴い命を失った。日本はこうした反省に立って世界平和に貢献しなければならない」と述べた。

 だが日本のある新聞は同日の一面で、真珠湾事件発生前に米軍はすでに日本海軍の暗号を解読し、その動向をほぼ把握していたと指摘。ある日本の歴史専門家は「米国が謀略で日本を戦争に誘い込んだ」としている。真珠湾事件の起きた原因について、日本の主流の見解は「米英などが連合して経済面で苛烈な要求を突きつけたため、日本は『自衛』のためやむを得ず対米開戦した」というものだ。右翼勢力の学者にいたっては「対米戦争は侵略戦争ではなく、アジア諸国を『解放』するための『正義の』戦争だった」としている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月9日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古