2011年12月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:11 Dec 12 2011

王家瑞部長が米国務副長官と会談

 王家瑞中共中央対外連絡部長は9日午後、ワシントンでバーンズ米国務副長官と会談し、中米関係および世界や地域の共通関心事について踏み込んで意見交換した。

 王部長は第4回中米政党ハイレベル対話の状況について説明。「中米が相互尊重と互恵に基づく協力パートナーシップの構築に尽力する新たな段階にあって、両国の政党が引き続き対話を強化し、両国関係の発展に関わる大局的、戦略的、長期的問題について率直に意思疎通することは、政治的相互信頼の強化と互恵協力の拡大になおさらに大きな役割を果たす」と表明した。

 バーンズ副長官は「米国は相互尊重と互恵に基づく米中関係の構築を強く重視している。これは米国と全世界の共通利益に合致する。米国は米中政党ハイレベル対話を積極的に評価し、この重要な意思疎通チャンネルが米中関係の長期的で健全な安定した発展に重要な役割を発揮することを信じている」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月12日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古