2011年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:19 Dec 14 2011

日本、インド海軍に水陸両用飛行艇の資料提出

武器輸出の道探る
資料写真:日本の水陸両用飛行艇「US-1」

 インド海軍は水陸両用飛行艇を世界中から選定するとインド紙『indian express』が明らかにした。カナダのボンバルディア、ロシアのベリエフといった有名メーカーのほか、日本の新明和工業株式会社もインド海軍にSS-3I型水陸両用飛行艇の資料を提出した。『世界新聞報』が伝えた。

 ◇「軍用」と「民用」の中間

 インドのアントニー国防相が日本を訪問した際、日本側はインドと高度軍事技術や共同開発事業を共有する意向を示した。インドは日本側の提案に興味を示し、水陸両用飛行艇選定に日本製品も応募するよう勧めた。その後の情報から、日本政府の許可を得て、新明和工業はSS-3I型水陸両用飛行艇の資料をインド海軍に提出したことがわかった。今年9月、新明和工業は2011年度インド国際海事展示会にSS-3I型水陸両用飛行艇の模型を出展、インドへの輸出に強い意欲を示した。

 同社の主力機はSS-3I型水陸両用飛行艇で、全長30メートル以上、高さ10メートル以上、翼長33メートル、重量23トン、操縦士・副操縦士など9人が操縦し、他に乗員12人または12基の担架を搭載可能という。

 新明和工業が今回インドに勧めたSS-3I型は、SS-2I型をベースにアップグレードした最新型とみられる。日本の海上自衛隊が配備する同機種の戦闘機は主に救難や対潜任務に使われている。同社が生産する水陸両用飛行艇は民用ナンバーが付けられているが、インドと売買契約を結んだ場合、完全な軍事取引といえる。

 ◇武器公開輸出の道を探る

 日本とインドの水陸両用艇の取引にはそれぞれメリットがある。ここ数年、インド海軍は先進的な水陸両用艇と潜水艦の購入に巨額を投じるだけでなく、海軍専用の戦闘機の購入にも熱を上げ、大型化、長距離化の海・空作戦プラットフォームを特に導入している。新明和工業のSS-1型水陸両用飛行艇は海面上での離着陸が可能で機内の空間も広い。日常の対潜、パトロール、救難任務のほか、海軍基地への人員、装備、物資の輸送がこなせる性能の高い輸送機となる。

 日本政府が少し前、武器輸出規制緩和問題について議論を行ったところ、武器輸出緩和に対して出席者からはほとんど異議が出なかった。しかし突然ミサイルや大砲などの輸出を始めれば目立つので、軍事属性が曖昧な水陸両用飛行艇に焦点があたったのだ。さらに重要なのは、インドへの飛行艇輸出を通じて、日本は他国の反応をみながら、次の行動の参考にしようとしていることだ。

 日本のインドへのUS-3I型水陸両用飛行艇の輸出は、実際は仮装した武器売却行為で、胃袋の大きいインドも日本が武器供給者になることを望んでいる。両者は今回の取引では、各自が必要な利益を手に入れようとしている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年12月13日

資料写真:日本の水陸両用飛行艇「US-1」
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古