2011年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:51 Dec 14 2011

韓国メディアが過剰報道「中国漁民が海洋警察官を刺殺」 (2)

 「韓国海域で凶行に及んだ中国漁民が処罰されるのは当然だが、中国漁民にもやむを得ない部分が多々ある」。テレビ朝日の12日のこの論評は「中立的」に思われる。「中国経済の急成長が海洋汚染を招いてるのは紛れもない事実だ。これに中国漁船の乱獲も加わり、中国近海の漁業資源は深刻なダメージを受けている。漁師らは生活のため危険を冒すほかない」。

 だが中国漁民のこうした「やりきれない思い」を韓国社会に理解してもらうのは難しい。ある韓国人記者は12日、環球時報に「中国漁民の『暴力的な公務執行妨害』がすでに韓国社会全体の反感を招いていたところに、今回は取り締り中の警察を殺しまでした。これは断じて正常な漁民の行為ではない」と指摘。「韓国は中国漁民の正当な権益を尊重すべきだが、極端な状況の下、韓国の警察官の生命が脅かされた場合は、中国漁民に発砲して反撃するのもやむを得ない。こうした事態が中韓関係に影響を与えるのは確実だが、問題の解決には抜本的対策が必要だ。つまり中国漁民による韓国海域での違法操業の阻止に力を入れることだ」と述べた。

 遼寧社会科学院朝鮮・韓国研究センターの呂超主任は「韓国の海洋警察官が死亡したのは不幸な事件であり、韓国社会から過激な発言が出るのも理解できる。今回の事件は、漁民が中国にとって最大の対外摩擦要因の社会層となっていることを浮彫りにした。海上紛争の抑止は中国の直面する大きな難題だ」と指摘。一方で「たとえ正当な取り締りであっても、人道主義の原則に従うべきだ。漁民の発砲・射殺を認めるとの韓国海洋警察当局の発言は危険だ。そのような事態になれば、中国国内の民間感情を強く刺激する可能性が高い」と強調した。

 中国外交部の劉為民報道官は12日「中国の主管部門はすでに繰り返し措置を講じ、漁民への教育と操業漁船の管理を強化し、越境操業や規則違反の操業を阻止してきた。これと同時に、韓国側が中国漁民の合法的権益を十分に保障し、人道的に対応することを希望する」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月14日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古