2011年12月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:32 Dec 15 2011

南京大虐殺74周年、日本は沈黙

「歴史は抹殺できない」

 12月13日は南京大虐殺同胞犠牲74周年記念の日にあたる。13日午前、南京市内では防空警報が響き渡り、南京大虐殺遭難者記念館前には5000人が犠牲者に黙祷を捧げ、平和集会に参加した。それに対し、日本政府とメディアは集団沈黙を選択した。「日本新華僑報」の蒋豊編集長は環球網の取材に、日本は上から下まで集団で黙り込み、(苦い記憶を)忘れようとしているが、歴史を抹殺することはできないと語った。

 12月13日は中国の人々が南京大虐殺で犠牲になった同胞を記念する日。中国人が74年前に起きた事に供養する傍ら、日本政府をはじめ、読売新聞、朝日新聞、一部の右翼メディアなど日本の大手メディアは上から下まで黙り込みを決め、南京大虐殺にはまったく触れなかった。

 蒋編集長は「日本は上から下まで集団で黙り込み、(苦い記憶を)忘れようとしているが、歴史を抹殺することはできない」と語った。

 日本民主党の歴史問題に対する認識と態度は比較的前向きで、自民党の一部の右翼政治家とは本質的に相違がある。自民党からすれば、民主党にはほぼ「歴史の負担」はない。民主党は政権をとってから一度も靖国神社を参拝していない。しかもA級戦犯の分祀(ぶんし)まで提案し、歴史問題に対する態度は明らかに自民党と異なる。

 また、現在の民主党の中には南京に訪れ、南京大虐殺記念館を参観したことがある議員も多く、彼らははっきりと歴史を認識している。しかしこの特殊な日に、民主党は上から下まで何の態度も示さなかった。日本の民衆、メディアも沈黙を選択した。これは彼らが(苦い記憶を)忘れようとしているからだろう。

 中日間にはいまだに化学兵器処理、中国人強制労働者への賠償など数々の歴史が残した問題が横たわっている。日本政府はこれに対し、「沈黙」するべきではない。「自己忘却」は問題の解決にはならない。ましてや歴史の事実を抹殺することなどできない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年12月14日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古