2011年12月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:19 Dec 15 2011

韓国、中国人船長を殺人罪で起訴へ

 黄海での中国漁民との衝突により韓国海洋警察官1人が死亡した件に韓国メディアは強い関心を寄せている。韓国側は「確かな」証拠を押さえたとして、「殺人罪」と「特殊公務執行妨害罪」で中国人船長を起訴すると発表した。韓国メディアによると厳しい判決は避けられず、最高で死刑もあり得る。人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が伝えた。

 韓国紙・毎日経済は13日付で、韓国警察が程大偉船長について「殺人」と「特殊公務執行妨害」容疑、他の船員8人について「特殊公務執行妨害」容疑で逮捕状を請求することを決めたと報じた。アン・ソンシク仁川海洋警察捜査課長は「国立科学捜査研究院での検査の結果、イ・ナクフン巡警は程大偉容疑者に腹部を刃物で刺され、大動脈からの大量出血により死亡したことが確認された。凶器は操舵室内の長さ25センチメートルの刃物だった」と説明。一方で、程容疑者が殺人容疑を否認し、漁民の一部も適切な捜査を要求していることも認めた。同紙は程容疑者への厳しい判決は「避けられない」としている。

 韓国在住の中国人アナリストは13日、環球時報に「韓国はすでに死刑を廃止しており、名義上死刑判決が言い渡されても、通常そのまま執行されることはない」と説明した。朝鮮日報によると、韓国が今年逮捕した中国人船員は58人に上るが、大半は執行猶予付きで釈放されている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月15日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古