2011年12月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 Dec 18 2011

野田首相、原発事故は「収束」

 日本の野田佳彦首相は16日の記者会見で、「原子炉が冷温停止状態に達し、発電所の事故そのものは収束に至ったと判断される」と述べた。

 それによると、いま、福島第1原発で1号機から3号機までの原子炉格納容器の温度は摂氏100度以下に抑えられ、新しい放射能の漏洩も抑制され、安全状態に戻ったことから、避難区域の取消や除染作業、廃炉作業がようやく始まるという。

 一方、これを受けて日本のメディアは、「政府が原発事故の収束を発表することは、国内外に事故対策の進展を見せるだけで、原子炉の内部情況を把握しておらず、大範囲の除染や被災地住民の安置など、依然として多くの課題に直面している。きっと多くの非難を招くだろう」と見ている。

 「中国国際放送局日本語部」 2011年12月17日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古