2011年12月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:36 Dec 22 2011

日本政府:金正日総書記死去に弔意を示す予定はなし

 朝鮮の最高指導者・金正日総書記の死去について、日本の藤村修官房長官は21日午後の記者会見で、政府として弔意を示す予定はないと表明した。現地メディアは、拉致被害者や家族の感情に配慮したものと見ている。

 金総書記死去の報を受けた直後の19日午後の臨時会見で「哀悼の意を表したい」と述べたことについて、藤村氏は「日本文化の一般的常識の範囲で私が哀悼の意を表しただけだ」と釈明した。

 1994年7月に朝鮮の指導者・金日成主席が死去した際は、村山富市首相(当時)が秘書官を通じて「深い哀悼の意」を表している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月22日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古