2011年12月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:30 Dec 23 2011

中国空母が3回目の試験航行 期間は9日間

大連海事局の航行禁止通告を基にネットユーザーが作成した試験航行の予想海域図

 中国の空母(本体)は20日午後、3回目の試験航行に出航した。大連海事局の同時期の航行警告によると、期間は9日間と見られる。

 航行警告は「黄海北部で12月21日午前8時から同29日午前10時まで『OC30000-5#』船が試験航行を行う」として、船舶の進入を禁止している。大連沖南東の黄海海域だ。

 第1回と第2回の試験航行時と違い、今回は国防省の公式発表はない。空母の試験航行はすでに通常の事となっており、外国も理性的に受け止めてよい。

 他国の例を見ても空母の試験航行は非常に大きなプロジェクトで、中国はまだ基礎段階にある。

 専門家によるとフランスの空母「シャルル・ド・ゴール」は試験航行に4年を費やした。米国の空母は通常1~2年だ。試験航行で要求水準を満たした後に、軍に引き渡し訓練が行われるため、実際の運用まではまだ相当長い時間を要する。

 ■これまでの試験航行

 中国初の空母は8月10日未明に初の試験航行に出航し、同14日午前に帰航(計5日間)。11月29日午前に2回目の試験航行に出航し、12月11日に帰航した(計13日間)。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月23日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古