2011年12月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:17 Dec 30 2011

温家宝総理と日本の野田佳彦首相が北京で会談

中日はライバルではなく良き隣人、パートナーとなるべき
温家宝総理と野田佳彦首相が北京で会談

 温家宝総理は25日、日本の野田佳彦首相と北京の人民大会堂で会談した。

 温総理は「中日は間もなく国交正常化40周年を迎える。この40年間に中日関係は大きく発展し、各分野の交流・協力は実り豊かな成果を上げた。一衣帯水の隣国である中日が平和共存、世々代々の友好、互恵協力、共同発展の道を堅持することは、両国および両国民の根本的利益に合致し、世界の平和・安定・繁栄にもプラスだ。中日間の4つの政治文書は歴史の経験と教訓の全面的な総括であり、われわれはその原則を恪守し、両国間の問題や溝を適切に処理し、中日関係の長期的で安定した健全な発展を確保しなければならない」と述べた。

 温総理は「現在、世界金融危機の影響は深いレベルで拡大を続け、世界・地域情勢は予想を超える複雑さと厳しさを呈している。中日は緊密に連携して試練に対処し、戦略的互恵関係を深める必要があり、その条件も備えている。したがって双方はチャンスを捉え、二国間・地域・国際問題で対話や意思疎通を強化し、的確で効果的な措置を講じて相互信頼を積み重ね、協力の拡大に向けてしっかりとした土台を築くべきだ。中日はライバルではなく、良き隣人、良きパートナーとなるべきだ」と指摘した。

 温総理は「新たな情勢の下での中日経済・貿易協力の発展の方向性、重点分野、効果的措置について日本側と踏み込んで研究し、協力過程で生じる問題を話し合いで解決したい。双方は中日省エネ・環境保護総合フォーラム、グリーンエキスポなどの働きを一層発揮し、中日省エネ・環境保護投資基金を早急に始動し、中日エコ工業パークをしっかりと運営すべきだ。省エネ、環境保護、グリーン経済、低炭素経済、ハイテク協力の水準向上と規模拡大に力を入れるべきだ。日本側と緊密に協力して両国の通貨・金融市場の発展を促し、中日韓自由貿易協定と東アジア財政・金融協力を加速したい。中国は引き続き日本の震災復興を支持し、参加する。双方は防災・減災や原発の安全の分野でノウハウの共有を強化し、実務協力を行うことができる」と表明した。

[1] [2]

歓迎式
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古