2011年12月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:18 Dec 27 2011

自信の有無で日本への見方は大きく変わる

胡錦濤主席と野田佳彦首相が北京で会談

 日本の野田佳彦首相が25、26日、中国を訪問した。中日両国にとって、改めて互いを真剣に見つめる契機だ。米国の「アジア太平洋回帰」が激しい勢いを見せる中、中国人はこの大戦略の外から日本を見ることができるのか、そしてこのように日本を見るべきなのか。これは真剣な熟考に値する。人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が伝えた。

 日本とは何者か、そして中国にとっては何者か?この問題に対するわれわれの認識は、アジア太平洋情勢の急速な変化に伴い、たゆまず改められるべきだろう。

 今日の日本が映画「金陵十三釵」に描かれた、あの日本ではすでにないことは確かだ。アジア太平洋に対しても、中国に対しても、好き勝手に悪事をはたらく力を日本が再び持つことは困難だ。長い間、中華民族の対外的警戒の相当部分が日本に占められてきたが、その重心を移すべき時が来ているのかもしれない。

 中国にとって今日の日本は、むしろ鏡のようなものだ。中国の抱える多くの問題や、中国の台頭が直面する地政学上の困難の大部分が日本に映し出されている。日本は中国に屈服せず、警戒も怠らない。中国と領土紛争を抱え、政冷経熱で、歴史問題を抱え、米国の同盟国でもある。こうしたことが全てを占めてきたと言えよう。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古