2011年12月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:56 Dec 29 2011

武器輸出三原則緩和:日本国憲法を踏みにじり

中国の戦略的抑止力は減退

 日本政府は27日の安全保障会議で、1967年の「武器輸出三原則」に基づく武器禁輸政策の大幅な緩和を決定した。今後日本は自国企業に他国との武器共同開発を認め、武器・技術輸出規制を緩和することになる。この動きは国内外メディアの関心を呼んだ。あるメディアは「武器輸出規制の緩和は、かつて日本に侵略されたアジア諸国にとって敏感な問題だ」と指摘。中国の国防専門家は中国にとって圧力となり、戦略的抑止力が減退すると分析する。人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が伝えた。

 AP通信は「第2次大戦後に憲法で戦争放棄を宣言した国にとって、こうした規制の緩和は敏感な問題だ。アジアの多くの隣国はかつて日本に侵略されている」と報じた。日本の「平和国家」の看板を壊し、「憲法を踏みにじる」行為だと非難する声もある。日本・大阪大学のある学者は27日、環球時報の取材に「これによって日本の軍事力が高まるのは明らかだ。中ロの軍事力の発展に対する日本人の自信は強まるが、他国と戦争になる危険が高まることも避けられない」と指摘した。日本のオンライン誌「ザ・ディプロマット」は「これによって平和憲法第9条の改正または破棄の是非という、より大きなウイルスの箱が開けられたことはほぼ確実だ」と指摘した。

 中国国防大学の韓旭東氏は27日、環球時報の取材に「日本のこの行為は中国に圧力をもたらす。規制緩和を受け、日本の軍需産業は本来持っていた攻撃兵器の生産エネルギーを解き放ち、その開発能力を大幅に高める。将来必要となれば、日本は攻撃兵器を速やかに配備できるだろう」と指摘した。

 近年日本は、中国に備えてアジア太平洋諸国の抱き込みを進めている。武器輸出三原則見直し後、日本と他の中国周辺国は武器共同開発の蜜月期に入る恐れがある。中国周辺国の軍事技術が向上し、先端兵器が配備されれば、中国軍の戦略的抑止力は大幅に減退する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月29日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古