2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:50 Jun 15 2012

日本、F35ステルス技術取得で戦闘機を独自開発へ

 中国軍事科学学会の羅援副秘書長は12月30日、日本が米国のF35を次期主力戦闘機に導入するのは、中国とロシアの第4世代機に対抗するとともに、ステルス技術を取得し、独自の新型戦闘機を開発、日本のF2戦闘機のアップグレードを図るためだと述べた。

 ◇F35で中ロの第4世代機に対抗

 日本の理想はF35ではなく、F22の調達だった。しかし米国の法律では、F22は自国でだけ使用でき、他国との技術共有を禁止している。そのためその次の選択肢としてF35が選定されたのだ。日本の航空装備は世代交代を必要としている。今の日本のF4ファントムはまもなく退役するし、F15も周辺国の第4世代機と肩を並べることができない。F15は第3世代機で、中国、ロシアはすでに第4世代機を手にしている。そのため日本は今第4世代機が必要なのだ。しかし日本には大きな問題がある。それは空中早期警戒偵察システムがなく、データリンクの性能が低いことだ。ステルス性のあるF35は、レーダーから探知されにくい。相手の指揮・制御システムを攻撃して全作戦プログラムを破壊した後、F15とF2が最終攻撃をしかける役目を果たす。

 F35の通信連絡能力は比較的高く、日本のイージス駆逐艦上のネットワークシステムや情報システム、陸上のレーダーシステムとのリンクが可能だ。この点は日本の欠点を補うことになる。当然その方向性は明確で、中国やロシアをにらんだ一面がある。

 ◇ステルス技術を入手し、新型戦闘機を独自で開発へ

 米国は大幅な国防費削減で、実際にはF35の開発継続が難しくなっているため、日本に購入を勧めた。では日本にはどんな利点があるのか?共同開発ばかりでなく、絶対的秘密であるエンジン技術まで共有するという。

 F35は2016年までに4機納品の予定だが、納期に間に合わない可能性がある。日本は日本が資金提供し、共同開発に参画すれば、納期を前倒しできるとしている。その過程で、日本はステルス技術を取得できる。そうすれば日本は独自にF2の後続機を開発し、F2のアップグレードに技術的サポートを提供できる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年1月2日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古