2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:50 Jun 15 2012

南中国海問題への各国の介入で、中国の周辺環境はさらに複雑

 中国社会科学院がこのほど発表したアジア太平洋青書は、南中国海問題が域内外各国の介入を誘発したことで、中国の直面する複雑な周辺環境が浮き彫りになったと指摘している。青書の要旨は以下の通り。

 南中国海問題は新しい問題でもなければ、グローバルな影響をもたらす問題でもない。南中国海問題に近年各大国が強い関心を寄せている根本的原因は、どの大国もアジア戦略の再調整過程にあり、かつそのいずれもが中国をめぐる布石であることにある。中国の台頭を前に、域内外の大国はアジア戦略において、中国との協力関係を維持すると同時に中国を封じ込める「取っ掛かり」を得るという二重の目的の達成を図っている。従来の「取っ掛かり」は台湾問題、チベット問題、新疆ウイグル問題など中国の内政に属し、外部から干渉しても両目標の同時達成は望めないのは明らかだ。一方、南中国海問題は中国の核心的利益の一部であり、中国と他国の関係に関わることから、自ずと中国封じ込め戦略の「取っ掛かり」となる。こうした国々はいずれも南中国海問題への干渉過程で自らを紛争の利害関係者に仕立て上げ、国際航海秩序の維持を旗印に掲げて中国封じ込めに加わることで、アジア秩序への影響力拡大を図っている。

 南中国海問題が域内外各国の介入を誘発したことで、各国共に中国をめぐりアジア戦略を調整していることが浮き彫りになった。これは中国の周辺環境に計り知れない影響をもたらすし、中国の台頭にとって全く新たな試練だ。

 第1に、米国は南中国海問題を切り口に「アジア回帰」戦略を実施し、自国の制定する国際ルールに中国を組み込もうと企てている。中国の台頭を前に米国が「アジア回帰」戦略を選択したのは、1つはアジアの将来において中国主導の政治・経済秩序を阻止するため、もう1つはアジア秩序における主導的地位を確立し、この秩序に中国を組み込み制約を課すためだ。これは挑戦者に対する覇者の自然な反応だ。クリントン米国務長官が「太平洋の世紀」に関して強調したように「米国は依拠できるルールを持つ秩序を創始しなければならない。開放された、自由な、透明かつ公平な秩序だ。そして米国のみがこのような秩序の創始者、擁護者となる能力を持つ」のである。TPPの構築、東アジアサミットへの参加、アジア太平洋の同盟国と関係強化も、南中国海紛争への間接的干渉も、この核心的目標を反映している。例えば米国は南中国海紛争への干渉において、国際航行の自由の維持を旗印に掲げている。こうした方法をとることで中国の名声を抑え、服従を強いることができる。これを受け入れなかった場合、中国は国際ルールの違反者または挑戦者という立場に置かれるからだ。実際、アジアにおける米国の追従者もこうした旗印を掲げて中国に圧力を加えている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古