2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:52 Jun 15 2012

野田首相が内閣調整、党内亀裂は不可避

 日本の野田佳彦首相は7日、内閣の小幅調整を行う方針を決定した。参議院で問責決議を受けた一川保夫防衛相と山岡賢次消費者相の両閣僚を交代させる。野党の不満を抑えることで、消費税引き上げや2011年度第4次補正予算案の可決で支持を取りつける狙いがあると見られる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 野田首相に近い消息筋によると、内閣調整は13日に実施される見通し。野田首相は平野博文国会対策委員長を交代させて閣僚に任命する党役員人事の実施も検討している。

 参院本会議で昨年末、自民党と公明党の提出した一川防衛相と山岡消費者相への問責決議案が可決された。一川防衛相への問責は前沖縄防衛局長の女性侮辱発言への監督責任や、在日米軍による少女暴行事件について「詳細は知らない」との国会答弁によるもの。山岡消費者相への問責はマルチ商法への肯定的発言を繰り返しており、消費者の利益を守るべき閣僚として不適任という理由だ。

 内閣発足後4カ月での調整についてアナリストは、党内派閥のバランスと野党からの圧力への対処との間で行った、やむを得ない措置と指摘する。

 一川、山岡両閣僚は「親小沢派」議員で、野田首相が当初両氏を起用したのも党内融和が目的だった。両氏の交代によって、小沢一郎元幹事長をトップとする「小沢派」との亀裂は避けられないが、一方で野党の支持を取りつけ、2011年度第4次補正予算案や消費税率引き上げを柱とする社会保障と税の一体改革案の可決を有利に運ぶことが期待できる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月9日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古