2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:52 Jun 15 2012

国防部「米国は中国と中国軍を客観的・理性的に見るべき」

 国防部の耿雁生報道官は9日、米国の新国防戦略について「アジア太平洋地域の大勢は平和・安定へ、人心は繁栄・発展へ向かっている。米国は時代の潮流に順応し、中国や中国軍を客観的・理性的に捉え、言動を慎み、両国・両軍関係の発展および地域の平和・安定に寄与することをしてもらいたい」と述べた。

 ----米国が5日発表した新国防戦略は「長期的に見て、中国は地域の強国になることで、米国の経済や安全に様々な方法で影響を与える潜在力を持つことになる。中国は米軍の前方展開能力に対抗する非対称的手段の強化を続けている。中国は軍事力強化と同時に、その戦略的意図を明らかにすべきだ。米国は引き続きアジア太平洋地域での外交、経済、軍事活動を強化し、アジアの同盟国およびパートナーとの関係維持を通じて、アジア太平洋地域の安定を守る」としている。

 われわれは米国の発表した新国防戦略に注意を払っている。米軍事戦略の調整がアジア太平洋、さらには世界全体の安全保障情勢に与える影響を緊密に注視していく。この文書における中国への非難には全く根拠がない。周知の通り、中国の国防・軍建設の戦略的意図は一貫した、明確なものだ。中国の平和的発展は米国を含む国際社会にとって、挑戦ではなくチャンスだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古