2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:53 Jun 15 2012

イラン核問題:交渉再開が当面の急務

 外交部の定例記者会見で11日、劉為民報道官が国内外の記者の質問に答えた。

 ----イランがフォルドゥのウラン濃縮施設を稼働し、濃縮度20%のウランを生産し始めたとの報道がある。国際原子力機関(IAEA)もこの事実を確認したという。

 報道に留意している。また、当該施設がIAEAの保障措置を受け入れたものであることにも留意している。イランとIAEAが協力を一層強化し、保障措置を的確に行い、核計画の未解決の問題を速やかに明らかにすることを希望する。当面の急務は各方面が外交努力に一段と力を入れ、6カ国とイランの対話・交渉を早急に再開し、イラン核問題の全面的、長期的、適切な解決に尽力することだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古