2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:53 Jun 15 2012

日本、インドへの武器売却で「遠交近攻」 (2)

 日本の自衛隊の予算に限界があり、同機は07年以来4機しか売却されていない。軍事力強化に力を入れるインドがこのプロジェクトの「救世主」になるに違いない。

 US-2型水上飛行艇を導入すれば、インドは本土とアンダマン諸島などの離島との間の連携を強化できる。アンダマン諸島およびアンダマン海は、マラッカ海峡西口をコントロールする重要地点で、インド本土東岸の主要基地から1300-1500キロほど離れており、インドがインド洋の海上航路を支配し、マラッカ海峡の情況を監視警戒する重要な地点である。

 対潜技術はずっとインドの悩みの種だった。近年、インドは中国海軍の潜水艦のインド洋への進入を懸念し始めている。日本は中国の潜水艦に対処する経験が豊富との認識から、インドが日本に助けを求めるのは自然なことだ。こうした状況から、インドが購入する装備と技術には極めて強い目的性と的確性があることがわかる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年1月12日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古