2012年6月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:04 Jun 05 2012

学者:今年も「漂流」を続ける日本政治

「週刊!深読み『ニッポン』」第2回

 「週刊!深読み『ニッポン』」第1回--「2012年、日本は一層の動揺期に入る」

 2012年が始まったばかりだが、日本の内閣はすでに嵐の前の静けさの中にある。(文:張勇・中国社会科学院日本研究所中日関係研究センター研究員)

 野田佳彦首相は8日、参議院で問責決議を受けた一川保夫防衛相、山岡賢次消費者行政担当相を交代させる内閣改造の方針を表明した。野党からの政治圧力を和らげるとともに、消費税問題の議論に向けて環境を整える狙いがある。党役員人事も行う予定だ。

 野田首相は年頭記者会見で内閣の大きな課題として震災復興、福島原発事故の収束、経済立て直しの3つを指摘した。野田首相は「堅持さえすれば、局面は変わると確信している」と繰り返し表明しているが、客観的に見て、これらの目標の実現は容易ではない。

 野田首相は苦境を脱すべく努力しているが、内閣の政治環境は楽観を許さない。多くの問題でより厳しい試練に直面し、野田首相は民主党内の指導能力を試され、野党の挑戦や攻撃にさらされている。特に「ねじれ国会」の存在は政治闘争を複雑化させており、政局を左右するに十分だ。野党は国会を頼りに与党への「政治決戦」を発動しようとしている。内閣支持率は下がり続け、国民の政府への不満や政策への懸念は高まり、圧力が増大している。

 ■党内をまとめる力を試される野田首相

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古