2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:55 Jun 15 2012

領土主権を守る中国の意志を瀬踏みしてはならない

 釣魚島およびその付属島嶼は古来中国固有の領土であり、中国が争う余地のない主権を有している。釣魚島の領土主権を守る中国の決意は確固不動たるものだ。「人民日報」が伝えた。

 2010年9月に日本の巡視船が中国漁船に衝突した。中国側は厳正に指摘する。日本の巡視船は釣魚島周辺海域でいわゆる「取り締り」活動をしてはならない。ましてや中国漁船・人員の安全を脅かすいかなる行為もしてはならない。釣魚島の付属島嶼への命名の企ては、中国の核心的利益を公然と損なう振る舞いである。

 中国は一貫して大局に着眼し、摩擦の激化を避け、釣魚島問題が中日関係全体を損なうことのないようにしている。日本も中日戦略的互恵関係および東アジアの平和・安定に重きを置くべきだ。独断専行し、主権を守る中国の意思と決意を瀬踏みしてはならない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月17日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古