2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:55 Jun 15 2012

温家宝総理:エネルギー安全保障の確保を

世界未来エネルギーサミット開幕式に出席
式辞を述べる温家宝総理

 温家宝総理は16日にアブダビで第5回世界未来エネルギーサミット(WFES)開幕式に出席し、式辞を述べた。

 温総理は「近年、グリーン開発が全世界で勢いよく興っている。エネルギー資源の過度の消耗を抑え、経済、社会、環境の全面的に調和ある、持続可能な発展を追求することがその核心だ。このために世界各国は積極的な探求を行い、中国もたゆまず努力してきた」と指摘。中国の積極的取り組みとして▽経済構造を調整し、省エネ・排出削減を強化▽政策的支援を強化し、クリーンエネルギーの発展を加速▽従来型産業の改造を加速し、エネルギー利用効率を向上▽低炭素ライフスタイルを提唱し、エコ消費を普及----を挙げたうえで、「われわれは多くの困難に直面し、大きな代償を払っているが、いささかも揺るぎはしない」と強調した。

 温総理は「エネルギー資源問題のもたらす困難と不平等を減らすため、世界各国は一層の行動を起こし、一層の共同努力を払うべきだ」と指摘。以下の4点を挙げた。

 (1)省エネ・効率向上を最重視。節約型の生産方式、ライフスタイル、消費モデルの構築を推進し、先進科学技術の採用によってエネルギー効率を高め、低投入、高生産、低消耗、少排出、エネルギー循環、持続可能の国民経済システムを構築する。

 (2)再生可能エネルギーとクリーンエネルギーの発展に力を入れる。各国は政策的支援を強化し、応用規模を拡大し、徐々にコストを下げ、化石エネルギーからの転換を進めるべきだ。

 (3)エネルギー科学技術革命の積極的推進。政府は投入を強化し、エネルギー科学技術革新のモデル事業と産業化を推進すべきだ。先進国は知的財産権の保護を前提に開発途上国や低開発国に技術を提供、移転すべきだ。

 (4)エネルギー安全保障の確保。G20の枠組みで、利益共有の原則に基づき、エネルギー供給国、消費国、中継国を含む国際エネルギー市場のガバナンス・メカニズムの構築を検討することができる。話し合いを通じて公正で合理的かつ拘束力ある国際ルールを定め、エネルギー市場の予測・警戒、価格調整、金融監督、安全措置などの多国間調整体制を構築して、国際エネルギー市場をより安全で安定した、持続可能なものにしなければならない。

 WFESは再生可能エネルギー分野で大きな影響力を持つ大規模な国際会議で2008年1月に発足。今回のテーマは「持続可能なイノベーションの推進」。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月17日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古