2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:56 Jun 15 2012

温家宝総理とUAE副大統領兼首相が会談

 温家宝総理は17日、アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド副大統領兼首相(ドバイ首長)とドバイで会談した。

 温総理は「国交樹立から28年で、中国・UAE関係は長足の発展を遂げた。石油や天然ガスの貿易、開発、利用、および新エネルギーの分野でUAEとの協力を拡大し、長期的、安定的、全面的なエネルギー協力パートナーシップを築きたい。中国政府は自国企業に交通、通信、電力などUAEの重要インフラ整備への参加を拡大し、UAEの便利な地理・ビジネス環境を活用し、域内諸国との経済・貿易関係を強化するよう奨励する。双方は国際犯罪の合同取り締りを強化し、両国の安全と社会の安定を守るべきだ」と指摘。「ペルシャ湾岸地域の平和・安定維持は世界にとって重要な意義を持つ。中国は湾岸諸国との関係を強く重視し、地域問題へのUAEの影響力を重視している。重要な問題についてUAEとの意思疎通や協調を強化したい」と述べた。

 ムハンマド副大統領は「UAEと中国の協力はUAEとドバイの経済成長を促し、両国民間の結びつきを緊密にした。UAEは中国企業の対UAE投資を歓迎する。中国と域内諸国の往来強化の懸橋、紐帯となりたい」と表明した。

 会談後、両首脳は戦略的パートナーシップの構築に関する共同声明に署名したほか、二国間協力文書の署名に立ち会った。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月18日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古