2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:56 Jun 15 2012

日本政府、福島第1原発事故のデータを米軍に先に提供したことを認める

 日本の文部科学大臣は17日の記者会見で、福島第1原発事故の発生後、放射性物質拡散予測システム(SPEEDI)で得られたデータを、国民への公表より先に米軍に提供していたことを認めた。日本メディアが伝えた。

 文部科学大臣によると、昨年3月11日の東日本大震災発生後、米軍から外務省を通じて、SPEEDIで得られた放射性物質のデータを支援活動のため提供するよう要請があった。データはわずか3日後の3月14日に提供された。だが福島県民への公表は、その9日後の3月23日だった。

 文部科学大臣は「国民に先に情報を提供しなかったという指摘については、よく反省し、真摯に批判を受け止める」としている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古