2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:57 Jun 15 2012

中国機に対する日本の戦闘機のスクランブル回数が増加

 日本の防衛省統合幕僚監部(合同参謀本部)は、領空侵犯の恐れがある中国機に対して、航空自衛隊の戦闘機が実施した緊急発進(スクランブル)回数が今年度すでに143回に上ったと発表した。国別データの発表を始めた2002年度以降、最多を更新した。これまでは2010年度の96回が最多だった。

 防衛省によると、中国機に対するスクランブルは2010年後半から急増。2011年4-12月の外国機全体へのスクランブルは計335回で、前年同期から45回増。領空侵犯はゼロだった。国別では対ロシア機が175回で最多だが、前年同期から45回減。次が対中国機で、前年同期の約3倍に達している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古