2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:57 Jun 15 2012

中国、ペルシャ湾岸情勢の緊張を憂慮

 外交部の劉為民報道官は19日の定例記者会見で、ペルシャ湾岸で緊張が高まっているとの認識を示したうえで、イラン問題の解決にマイナスであるとして、憂慮を表明。関係各国に冷静さ、理性、自制を保ち、湾岸地域の平和と安定を共同で守るよう呼びかけた。

 ----イスラエルのバラク国防相は先日、イランへの武力行使は未決定と表明。パネッタ米国防長官はイランの脅威に対して万全の態勢を取っているが、特別な展開はまだだと表明した。

 最近、西側の一部の国がイランへの一方的制裁を強化した。双方間の対立はある程度激化し、湾岸情勢の緊張も高まっている。われわれは、こうした状況はイラン問題の解決にマイナスであると考え、憂慮している。国家間の摩擦や溝は対話と交渉を通じて解決すべきだ。制裁や圧力、さらには武力による威嚇ばかり行うことは、問題の解決にマイナスで、事態を一層悪化させるだろう。関係各国が冷静さ、理性、自制を保ち、湾岸地域の平和と安定を共同で守ることを希望する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古