2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:58 Jun 15 2012

日本のシンクタンク、野田佳彦首相に対中政策まとめた提言を提出

 日本の民間シンクタンク「日本国際フォーラム」は20日、首相官邸を訪れ、野田佳彦首相に対中政策に関する提言を提出した。日本メディアが報じた。

 同シンクタンクは提言の中で、「中国は国際的影響力の向上に伴い、相応の責任を負うべきだ」としたほか、「中国から日本が『中国包囲網』を構築しようとしていると受け取られないよう配慮する必要がある」と指摘。また、「日本は海難救助や伝染病予防などの分野で中国と提携し、中国に地域安全保障の枠組みに参与するよう求めるべき」との見方を示した。

 提言はまた2010年に発生した日中漁船衝突事件について、「このような事態の発生を二度と許してはならない」と強調、「日本は領土や領海の実効支配および危機対応力をいかに強化するか研究するべき」と指摘した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古