2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:00 Jun 15 2012

温家宝総理:金融のマクロコントロールを整備

 温家宝総理は6日の全国金融政策会議で「わが国は依然発展の重要な戦略的好機にある。金融の改革・発展は貴重なチャンスと共に、多くの試練にも直面している」と指摘。今後一定期間の金融政策に求められるものとして▽金融改革・開放・発展の全面的推進▽中国金融業の総合的実力、国際競争力、リスク対処能力の顕著な向上▽実体経済への金融の貢献度の顕著な向上▽金融のマクロコントロール、規制・監督制度の整備▽完備され、合理的な構造と効率的なサービスを有し、安全かつ落ち着いた現代的金融システムの形成▽金融改革・発展の新局面の創出----を挙げた。

 温総理は「今後一定期間の金融改革・発展任務は非常に多く、かつ重いものだ。時機を捉え、重点を際立たせ、全体計画と各方面への配慮を両立し、秩序良く進めなければならない」と指摘し、以下の点を挙げた。

 (1)経済・社会発展のためにより良質な金融サービスを提供し、弱い分野への金融支援を強化する。

 (2)金融機構改革を深化し、コーポレート・ガバナンスの強化に力を入れる。

 (3)金融規制・監督を強化・改善し、システマティックな金融リスクへの的確な防止策を講じる。

 (4)地方政府の債務リスクへの防止策を講じ、取り除き、財政・金融リスクの相互波及を回避する。

 (5)資本市場と保険市場の構築を強化し、金融市場の調和ある発展を促す。

 (6)金融マクロコントロールシステムを整備し、経済成長と金融の安定を効果的に促進する。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古