2012年3月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:04 Mar 02 2012

人民代表大会制度を堅持、整備、発展

 王兆国・全人代常務副委員長(中共中央政治局委員)は31日、広西チワン族自治区南寧市で人民代表大会の活動に関する座談会に出席し「中国の特色ある社会主義の道を堅持するには、人民代表大会制度をしっかりと堅持、整備し、発展させ、国家権力機関としての人民代表大会と同常務委員会の役割を十分に発揮しなければならない」と強調した。

 王副委員長は「人民代表大会制度は中国の国情と国体に合った基本的政治制度であり、国家の政権における人民の権力行使を実現する最良の形式であり、中国の社会主義民主制度の最も鮮明な特徴でもある。人民代表大会制度をしっかりと堅持、整備し、発展させるうえで、最も根本となるのは党による指導、主人としての人民の参加、法に基づく国家統治の有機的な統一を堅持することだ。人民代表大会の仕事に従事する関係者は、人民代表大会制度の自覚と揺るぎなさをしっかりと強化・堅持し、時代に合わせた進歩を促し、わが国の社会主義政治制度の優越性を一層発揮しなければならない」と述べた。

 王副委員長はさらに「中国の特色ある社会主義法体系の形成によって、国家の発展における根本的、全局的、安定的、長期的問題が法制面から解決され、国家の各事業は発展に向けた法的基盤を得た。法体系の形成後は『法があれば必ずそれに基づき、法は必ず厳格に執行し、違法行為は必ず追及する』関連の問題が際立ち、緊迫性が増している。法体系を整備すると同時に、積極的かつ効果的な措置を講じて、憲法と法律の権威と尊厳を守り、憲法と法律の有効な実施をしっかりと保障し、社会主義法治国家の建設を推進しなければならない」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年2月2日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古