2012年2月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:17 Feb 29 2012

温家宝総理:難題解決のカギは改革開放にあり

広州市白雲区江高鎮水瀝村の村民のもとを訪れた温総理

 温家宝総理は1月31日に国務院全体会議を招集し、「政府活動報告(草案)」について各地・部門から意見を募ることを決定した。

 温総理は3、4両日に広東省の企業や村を訪問。人材市場や税関物流パークを視察したほか、座談会を開き、政府の活動について末端の幹部や大衆の意見を聞いた。

 温総理は4日午前、広州市の市街区と農村部の境にある白雲区江高鎮水瀝村を訪問。同村には計264ヘクタールの耕地(1人当たり約15分の1ヘクタール)があり、主にネギやニラを栽培して、昨年は8000万元余りの収入を得ている。

 村の事業について温総理は「村の事は村民を中心に決め、何事も農民を信じ、何事も農民に頼り、村民の自治を頼りにしっかりと社会管理をしなければならない。これが唯一の正しい道だ」と述べた。

 また、広州白雲国際物流有限公司を訪問し、物流・貿易企業の担当者と懇談。「厳しい情勢を前に、競争力の強化を特に重視しなければならない。これには研究開発の強化、独自ブランドの育成、輸出構造の調整、新市場の開拓が含まれる。輸出入政策は全体的な安定を保つ必要がある。調整を行う際も、規制よりも促進を重視すべきだ」と指摘。

 「欧州は現在債務危機に直面している。われわれは対欧関係を戦略的に検討し、国益を守らなければならない。われわれにとって欧州は最大の輸出市場であると同時に、最大の技術導入先でもある。この点から見ると、欧州市場の安定を助けることは、実はわれわれ自身を助けることでもある。この点を社会各界に理解させる必要がある」と特に強調した。

[1] [2]

広州市白雲区江高鎮水瀝村および周辺村の農民との座談会
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古