2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:07 Jun 15 2012

野田首相が自殺対策標語「GKB47」は不適切と認める

 日本内閣府自殺対策推進室の3月自殺対策強化月間の標語「あなたも GKB47宣言」についての批判が続出した。これにたいして、野田佳彦首相は6日に、参議院予算委員会で「私もあまりに不適切だと感じる」と発表し、改善するとした。 

 内閣府によると、「GKB」は人気グループ「AKB48」により、「Gate Keeper Basic」三つの英単語の頭文字から構成し、「Gate Keeper」が悩んでいる人々を守り、自殺したい考えを辞めさせる医師などの「ゴールキーパー」を意味する。「Basic」には各界各層の国民が広くこの責任を分担して欲しいという願いが込められている。「47」の意味は、自殺防止対策を全国47都道府県まで推進するという意味だ。 

 参議院予算委員会で、民主党の松浦議員はこの標語は「生死に係わる自殺対策に使用するには不適切であり、関連団体も反対している」ことから、撤回を要求していた。民主党の石井一委員長も慣例を破って政府に「再検討」を提案していた。 

 この件を担当している岡田克也副首相は「ポスターはすでに貼り出されている」と各方面に理解を求めたが、最終的に野田佳彦首相が「対策を検討する」と発言して幕切れとなった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年2月9日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古