2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:07 Jun 15 2012

日本の学者は率先して侵略戦争の歴史を省察すべき

 筆者は最近、中日歴史共同研究に参加した日本の著名な学者2人を接待した。両氏は中国人民抗日戦争記念館を見学した後、記念館側に対し、日本による中国侵略の犯罪行為の写真を展示するにあたり、青少年を始め来館者を過度に刺激して嫌日、反日感情を抱かせることのないよう、血腥い写真をできるだけ減らすことを求めた。言わんとするところは、愛国主義教育基地を「反日」教育基地にするなということだ。こうした発言が日本の政府やメディアによるものなら不思議ではないが、歴史研究を専門とする学者の口から聞いたのは初めてで、驚きを覚えた。(文:李宗遠・中国人民抗日戦争紀念館副館長。「環球時報」掲載)

 筆者は抗日戦争史と中日関係史を研究し続けており、日本の学者との交流も多い。これまでの交流では、史実や歴史認識についての討論が多かった。中国の抗日戦争記念館の歴史展示や歴史教育に対して日本の学者が憂慮を表明するようになったのは最近のことだ。われわれはこの点に強く注目しなければならない。

 日本の学者がこうした発言を行うのには、4つの原因がある。

 第1に、メディアや政府関係者が中国の歴史教育を非難する日本の世論環境。中国の抗日戦争記念館を「反日」教育基地と批判する日本メディアの論調は2005年に集中して現れた。日本側の関係者が記念館に、中国を侵略した日本軍が中国人を虐殺する写真をできるだけ減らすよう求めてきたことがある。日本政府も外交ルートを通じて、記念館の一部写真に疑問を呈し、圧力を加えてきた。こうした発言ややり方は日本の一般市民、さらには歴史学者をもミスリードしている。

 第2に、中国侵略の歴史的な罪の責任を長年否認し、覆い隠してきた日本の社会環境。筆者は日本を繰り返し訪問し、その度に書店をのぞいている。日本右翼勢力が刊行した本が歴史書の大部分を占め、しかも非常に目立つ場所に並べられている。歴史を正しく認識する本は少なく、関心を持つ人も少ない。特にここ数年は日本右翼勢力の編纂した教科書の使用範囲が拡大し続け、右翼勢力の歴史観が正しい歴史観を徐々に蚕食し、進歩勢力の衰退を招いている。こうした社会環境は学界を含む各界に影響を及ぼしている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古