2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:10 Jun 15 2012

王岐山副首相が日本の安住淳財務相と会談

 王岐山副総理(副首相)は19日、中南海で日本の安住淳財務相と会談した。

 王副総理は「今年は中日国交正常化40周年にあたる。40年来、中日関係は次第に成熟し、各分野の協力は実り豊かな成果を上げてきた。第4回中日ハイレベル経済対話が今年日本で開催される。双方がこの対話メカニズムの役割を十分に発揮し、経済、貿易、投資、金融協力をたゆまず深め、中日戦略的互恵関係のたゆまぬ前進を促すことを希望する」と述べた。

 また「財政・金融協力は中日経済協力の重要分野だ。双方が意志疎通や協調を一段と強化し、両国間の財政・金融協力をたゆまず深化し、貿易・投資の自国通貨決済について前向きに検討し、両国の金融市場の健全で安定した発展を促すことを希望する」と強調した。

 王副総理はさらに「現在、世界の経済は非常に複雑かつ厳しい情勢にあり、世界経済の回復を確保することが各国の主要課題となっている。中日両国は共に経済大国、G20の重要な構成国として、他の構成国と共に困難を乗り越え、G20ロスカボス・サミットの成功を確保し、国際経済・金融システムの改革を推し進め、世界経済の回復と成長を促すべきだ」と指摘した。

 安住財務相は「国交正常化から40年来、両国の経済関係は日増しに緊密化しており、各分野の協力を深める時に来ている。日本は現在、デフレと財政赤字の解決に努力している。二国間、地域、世界の財政・金融問題について引き続き中国側と建設的な交流を行い、経済、貿易、金融分野で双方の協力を促し、日中戦略的互恵関係をたゆまず深化していきたい」と述べた。
 
 両氏はこのほか、欧州経済を中心に世界の共通関心事について意見交換した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年2月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古