2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:12 Jun 15 2012

侵略を否定し中国人民の感情を傷つけたことの代償を支払わなければならない

 南京大虐殺を公然と否定した名古屋市長の河村たかしは良知を欠くうえ、非常に無知だ。この人物は中国人民の感情を深く傷つける言動について謝罪を拒絶したのみならず、なんと厚かましくも南京市と変わらず友好関係を維持したいと主張した。

 中国人民は世界各国人民との友好関係の維持を望んでいる。だが友好には昔から原則がある。歴史を忘れるのは裏切りに等しい。歴史事実の争いの本質は詰まるところ正義と邪悪の勝負だ。民族の尊厳に関わる歴史問題において、中国人は少したりとも曖昧にはしない。

 中国政府と南京市はすでに厳正な立場を表明した。ネット上では多くの中国人が憤怒の情を表明し、河村たかしを「好ましからざる人物(ペルソナ・ノン・グラータ)」と通告するよう次々と呼びかけ、名古屋旅行のボイコットを訴えている。市長という立場にある河村たかしが公の場で行った発言は、個人としての行為などではない。名古屋市にこのような劣悪な市長がいることに、中国民衆が憤懣をぶちまけるのも理解できる。

 報道によると21日夕方までに、名古屋市役所には「市民」から計80件の意見が寄せられた。うち55件は河村たかしの南京大虐殺発言に賛同を、25件は反対を表明するものだったという。絶対数が少なく世論調査のデータとしては不十分だが、少なくとも河村たかしの口から出任せが日本では孤立したものではなく、一定の社会的土台を備えていることがわかる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古