2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:15 Jun 15 2012

中国外交部:「脱北者」の不法入国は経済目的

 外交部の洪磊報道官は28日の定例記者会見で、いわゆる「脱北者」の問題について、韓国側に冷静な対応を求め、効果的な意思疎通と協力を通じて不一致点に対処し、実際の行動によって中韓関係の大局を守るよう訴えた。

 洪報道官は「中国側の把握したところでは、不法入国した朝鮮人の一部は繰り返し送還されており、10数回に及ぶ者もいる。彼らの不法入国は主に経済目的で、難民と認定する十分な根拠はない」と指摘。「中国の法律の尊厳は当然尊重され、守られるべきであることを重ねて表明したい。不法入国、組織的密入国などの犯罪行為はどの国でも認められない」と述べた。

 また「韓国の一部メディアのいわゆる『脱北者』に関する大げさな報道は感情的、政治的な傾向を帯びており、事実と一致せず、問題解決にもマイナスだ。中国は引き続き国内法、国際法、人道主義の原則に基づき、問題を適切に処理していく」と表明。

 「中韓は多くの分野で重要な協力パートナーであり、新たな情勢の下で双方が共同で向き合うべき試練や問題も多い。この当面の問題に対して、韓国側が冷静に対処し、効果的な意思疎通と協力を通じて不一致点に対処し、実際の行動によって中韓関係の大局を守ることを希望する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年2月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古