2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:15 Jun 15 2012

中国の法律の尊厳は尊重し、守るのが当然

 韓国国会は27日、「脱北者」の朝鮮への送還の中止を中国政府に求める決議案を賛成154票、棄権2票で採択した。

 朝鮮側は「脱北者」の送還問題について「中国による『脱北者』の朝鮮への送還は主権国家として正当な行為だ。国境地域の安全・安定を維持し、国民の生命の安全を守ることは、国家として当然の責任だ。したがって国境地域で発生した問題に対して隣接国が自国の法律と協定に基づき行政措置を執行することは、主権国家として完全に正当な行為であり、第三国がとやかう言うべきことではない」と表明していた。

 韓国紙・中央日報は「自分の政治的業績のため、普段は静かにしているのに、『脱北者』事件が起きさえすればすぐに大騒ぎし、これを焦点にする政治家がいる。これは誰にとっても助けにならない」との韓国の人権団体関係者の発言を紹介。両国間の他の外交問題がこれによって膠着状態に陥る可能性を指摘していた。

 国連人権理事会の第19回会議が2月27日から3月23日までの日程でジュネーブで開催されている。開幕当日の閣僚級会合で韓国外交通商省の金奉■(=火へんに玄)調整官はいわゆる「脱北者」問題を初めて提起。外交問題化を避けるため、中国を直接名指しはせず「全ての関係国」と表現した。

 「脱北者」の不法入国は経済目的

 外交部の洪磊報道官は28日の定例記者会見で、いわゆる「脱北者」の問題について、韓国側に冷静な対応を求め、効果的な意思疎通と協力を通じて不一致点に対処し、実際の行動によって中韓関係の大局を守るよう訴えた。

 洪報道官は「中国側の把握したところでは、不法入国した朝鮮人の一部は繰り返し送還されており、10数回に及ぶ者もいる。彼らの不法入国は主に経済目的で、難民と認定する十分な根拠はない」と指摘。「中国の法律の尊厳は当然尊重され、守られるべきであることを重ねて表明したい。不法入国、組織的密入国などの犯罪行為はどの国でも認められない」と述べた。

 また「韓国の一部メディアのいわゆる『脱北者』に関する大げさな報道は感情的、政治的な傾向を帯びており、事実と一致せず、問題解決にもマイナスだ。中国は引き続き国内法、国際法、人道主義の原則に基づき、問題を適切に処理していく」と表明。

 「中韓は多くの分野で重要な協力パートナーであり、新たな情勢の下で双方が共同で向き合うべき試練や問題も多い。この当面の問題に対して、韓国側が冷静に対処し、効果的な意思疎通と協力を通じて不一致点に対処し、実際の行動によって中韓関係の大局を守ることを希望する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年2月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古