2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:16 Jun 15 2012

全国両会:民衆の注目点と指導者の視線

無料給食を食べる安徽省六安市金砦県古碑鎮の小学生たち。

 全国両会(全国人民代表大会と全国政協会議)の開幕が近づいてきた。今年の両会に関して、人々は何に注目しているのだろうか?社会的関心の高い話題のうち、代表、委員の視野に入っているのは何だろうか?代表、委員の注目点は民衆の声に沿ったものだろうか?「人民日報海外版」が伝えた。

 ■大手サイトのアンケート:「社会保障」が3回目の首位

 各重点ウェブサイトでは両会の注目点に関するアンケート調査が進められている。

 「人民網」のアンケートは20の選択肢を用意。2月29日夜時点でトップ10は「社会保障」「所得分配」「医療改革」「社会管理」「教育の公平性」「三農問題」「腐敗対策、クリーンな政治」「物価問題」「食品の安全性」「住宅価格調整」となっている。

 「新華網」は22の選択肢を用意。現在トップ10は「貧富の格差の縮小」「物価安定と民生保障」「食品の安全性の監督」「社会保障システムの整備」「株式市場の信頼回復」「不動産市場の調整」「腐敗対策、クリーンな政治の強化」「末端組織での民主の推進」「交通渋滞対策」「医療改革の推進」となっている。

 「光明網」と「鳳凰網」「網易」の共同アンケートでは現在「医療改革」「腐敗対策とクリーンな政治」「物価水準」「食品の安全性」「住宅価格調整」が上位に入っている。

 アンケートへのネットユーザーの参加度は例年より大幅に高まっている。「人民網」のアンケートでは29日夜時点で「社会保障」が25万6631票で首位。「社会保障」は昨年も首位だったが、最終得票数は今年の3分の1以下の7万1090票だった。「社会保障」はすでに3回首位になっており、養老年金など社会保障問題への関心の高まりが見てとれる。

 「所得分配」も常に上位5位内に入っており、しかも上昇傾向にある。今年初めてランクインした、インフラ整備などを含む「社会管理」は3位。「教育の公平性」も4位へと大躍進している。

 注目点には新しいものもあれば、変わらないものもある。不動産関連の政策は特に注目度が高い。住宅価格の高騰をめぐっては不満の声に加え、様々な予測や期待の声が上がっている。中央が住宅価格調整策を堅持する中、「住宅価格」への関心は一向に下がる気配がない。このほか物価、給与、食品の安全などをめぐり、ネットユーザーは「自分が代表、委員だったら」との仮定で思う存分に発言している。

 ■指導者の視線:民生が主軸

[1] [2]

黒竜江省ハルビン市最大の中低所得者向け住宅。
太極拳をする四川省成都市の市民たち。
障害者の乗客のために車椅子を固定する北京市のバス職員。
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古