2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:16 Jun 15 2012

全国政協 大まかな会議日程と注目ポイント

 第11期中国人民政治協商会議(全国政協)第5回会議が本日午後3時、北京の人民大会堂で開幕する。3月13日の閉幕式までの10日間、2000人以上の委員が英知を寄せ合い、実務的な策を提出し、国の発展に向けて助力する。人民日報が伝えた。

 ▽2つの活動報告で成果を知る

 3日午後の開幕式では、全国政協の賈慶林主席が2011年度常務委員会活動報告を行い、さらに林文イ副主席が提案活動状況についての報告を行う。この2つの報告から、政協事業の新たな発展と、全国政協委員による新たな成果を知ることができる。

 全国政協委員たちは会期中、全国人民代表大会(全人代)会議にも列席し、「政府活動報告」、「刑事訴訟法修正案草案」、「第12期全人代代表名簿及び選出問題の決定草案」、「香港・マカオ特別行政区の第12期全人代代表選出法草案」などを聴取する。

 その後のグループ討議で委員たちは各自の意見を表明し、最終的に政治決議を採択する。

 グループ討議は政協会議の重要な一部だ。今会議では、委員らが5日間にわたり国事と政協業務について討議する。この間、党および国家指導者もそれぞれグループ討議に参加し、委員たちと国について議論し合い、委員の意見・建議を聴取する。

 3月7日には合同グループ討議が行われ、各部・委員会の責任者が出席して意見・建議を聴取する。責任者は委員たちと直接交流し、例年大いに盛り上がりを見せる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古