2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:17 Jun 15 2012

趙啓正報道官:真剣に対処すべき「未富先老」問題

 第11期中国人民政治協商会議(全国政協)第5回会議の記者会見が2日午後、人民大会堂で行われ、趙啓正報道官が国内外記者の質問に答えた。

 趙報道官は中国の高齢化問題に関し、「中国の高齢化の特徴として『未富先老(先進国になる前に高齢化社会に入ること)』が挙げられる。一般的には、1人あたりGDPが1万ドルに達した後に高齢化社会に入る国が多いが、中国の場合は1人あたりGDPが3000ドルの時点で高齢化社会に突入した。政府と社会はこれに真剣に対処しなければならない」とした。また、「政協委員はこれまでずっと高齢化問題に注目しており、特別調査を行ったこともある。政協委員はまた、高齢者により良いサービスを提供し、『老人を敬い子供を愛する』という社会的雰囲気を作るべく、国家財政の投入を増やし、企業・民間・個人による老人福祉施設設立を奨励し、メカニズムを革新するよう建議している」としたほか、「努力を通じ、きっと高齢化問題を解決することができるだろう」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年3月3日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古