2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:10 Jun 15 2012

温家宝総理:積極財政と穏健な金融政策を継続

 第11期全国人民代表大会(全人代)第5回会議が本日午前9時に人民大会堂で開幕し、温家宝総理が政府活動報告を行った。

 温総理は「各方面の状況を総合的に考慮し、今年も引き続き積極的な財政政策と穏健な金融政策を継続し、情勢の変化に基づき適時、適度に事前調整や微調整を行い、政策の的確性、柔軟性、先見性を一段と高めなければならない」と指摘。

 「積極的な財政政策を継続する。財政赤字と国債の適度な規模を保つ。今年は財政赤字は8000億元に設定し、GDP比は1.5%前後に引き下げる。うち中央財政の赤字が5500億元、地方債の代理発行が2500億元だ。財政支出構造を最適化し、重点を際立たせる。民生分野を一段と重視し、教育、文化、医療衛生、雇用、社会保障、中低所得者向け住宅供給事業への拠出を増やす。弱い部分の強化を一段と重視し、『三農』(農業の振興、農村経済の成長、農民の所得増と負担減)、未発達地区、技術革新、省エネ、環境保護、水利、地質・鉱物探査などへの支援を強化する。勤勉節約を一段と重視し、『三公経費』(海外出張費、公用車経費、接待費)を厳格に規制し、会議や文書の簡素化に力を入れ、公用車制度改革を深化し、行政コストをさらに引き下げる」と表明した。(編集NA)

 温家宝総理が全人代開幕式で政府活動報告

 温家宝総理、今年の経済・社会発展目標を提示

 「人民網日本語版」2012年3月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古