2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:19 Jun 15 2012

何志平委員:雷鋒は中国のスパイダーマン

資料写真:雷鋒

 香港特別行政区全国政協委員:何志平

 われわれには文化運搬者が必要だ。米国人に米国の基本的価値観は何かと問えば、民主や自由を口にするだろう。米国の精神は何かと問えば、リンカーンやワシントン、さらには彼らの創造したスーパーマンやスパイダーマンを挙げるだろう。われわれ中国の精神は何か?多くの人ははっきり言えないだろう。私は雷鋒がわれわれの文化運搬者だと思う。雷鋒は普通の人間だ。あるいは彼が自分で言ったように「ねじ」であり、一滴の水だ。だが彼は自分の持ち場を守り、自己を用いて集団に奉仕したのだ。人民日報海外版が伝えた。

 今日、雷鋒はもはや単なる一兵卒ではない。おそらくユニフォームを着た「劉翔」であり、ピアノを弾く「朗朗」であり、街を歩く大学生であり、人民大会堂に座る政協委員であり、われわれ10数億中国人の中の1人なのだ。雷鋒はわれわれに1つの座標を与えてくれた。われわれは雷鋒精神の代表者、行動者となり、中国文化の基本的価値観を世界に紹介し、推奨することができる。

 雷鋒(1940-1962)は中国人なら誰もが知る、誠心誠意人民に奉仕した模範だ。中国人民解放軍の普通の兵士である彼は、短い生涯の間に無数の人を助けた。毛沢東主席は1963年3月5日に「雷鋒同志に学ぼう」と直筆で記し、同日を「雷鋒に学ぶ日」と定めた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古