2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:21 Jun 15 2012

習近平氏、上海代表団と審議「発展の新たな強みを創出」

 北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)第5回会議で5日、習近平国家副主席が上海代表団の審議に参加した。韓正氏、朱玉辰氏、邵志清氏ら各代表が相次いで発言を行った。中国共産党の機関紙、人民日報が伝えた。
 
 習副主席は代表らの提案を聞いた後、「今年は中国共産党第18回全国代表大会(以下「十八大」)が開催され、上海市委員会でも改選が行われる」とし、「今年度の各種活動を着実に実施し、中央政府が掲げる『穏中求進』(安定の中で進歩を追求する)路線を全面的に把握しながら、確固たる自信を持って困難に立ち向かい、前進していく必要がある」と指摘。

 上海市については、「国の改革発展の安定を左右する重要な位置付けにある」とした上で、「今後も地道な取り組みを行い、安定した速い経済成長や物価水準の基本的安定、社会情勢の安定を保つ一方、経済発展パターンの転換では新たな進展を遂げ、改革開放の深化では新たな飛躍を図り、国民生活の改善では新たな成果を挙げることにより、すばらしい状態で『十八大』を迎えてほしい」と期待を寄せた。
 
 市の発展のあり方については、改革・革新を加速させ、革新の原動力を形にする必要性を指摘。「重要な戦略的好機をつかんで生かし、経験をまとめ、それを次に生かすと同時に、チャレンジ精神を保ちつつ、社会主義市場経済改革の方向性を貫いて、科学的発展と経済発展パターンの転換に資する体制づくりを見据え、重要な分野や段階における改革の早期進展を図ることにより、発展の新たな強みの創出に努めるべきだ」との考えを示した。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年3月7日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古