2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:22 Jun 15 2012

中国は一体どのような民主政治発展の道を選択すべきか

人民日報:自らの道を揺るがず歩む

 両会(全国人民代表大会と全国政協会議)では例年「中国式民主」が注目を浴び、熱い議論を呼ぶ。この中には肯定の声もあれば、異なる意見もある。「西側の政治モデルを踏襲して、中国に移植すべき」との論調も後を絶たない。中国共産党の機関紙、人民日報が伝えた。

 中国は一体どのような民主政治発展の道を選択すべきなのか?これについてはすでに歴史も、人民も、実践も解答を出している。

 中国の国情に合った民主政治制度の支えがあったからこそ、わずか数十年で、中国の経済・社会発展に天地を覆すような変化が起き、経済的に貧しく文化的に立ち後れていた中国は世界第2の経済大国に躍進し、国際社会に影響力を持つ大国となったのだ。外国の讃嘆する「中国のスピード」と「中国の奇跡」は、まさに中国の特色ある社会主義政治発展の道の強大な影響力と生命力の鮮やかな証明なのだ。

 その国の民主制度が進歩的か否かを最も直接的に判断する基準は、それが無数の人民の根本的利益を代表し、実現しているか否か、無数の人民の支持を得ているか否かにある。われわれは党による指導、主人としての人民の参加、法による国家統治の有機的統一を堅持し、法に基づき民主的選挙、民主的政策決定、民主的管理、民主的監督を実行している。人民の知る権利、参与権、意見表明権、監督権は十分に保障され、科学的執政、民主的執政、法に基づく執政はすでに行動化されている。秩序ある政治参与への公民の情熱は高まり続け、無数の人民大衆の間で「中国式民主」の人気が益々高まっている。

 他国に倣って方法を変えるべきか否かについて、中国はすでに解答を出した。一部の途上国はかつて西側の民主を盲目的に崇拝し、懸命に自国に「移植」しようとした。その結果、人民に幸福がもたらされなかったばかりか、その国の習慣になじまず、人民は苦難をこうむり、国民経済は崩壊し、社会は後退したのだ。こうした状況は今も続いている。

 自らの道を歩む--。これは世界の転変を経験し尽くし、苦難を幾度も経験した末の中国の総括であり、中華民族が未来志向で、たゆまず発展していくうえでの方向の指針でもある。社会主義民主政治の建設と発展をわれわれは堅く信じて疑わず、確固不動として進めていく。社会発展と人民の要求に基づき社会主義民主政治をたゆまず完全なものにしさえすれば、われわれは新たな中国の奇跡を創出し続け、新たな民族の自信を獲得し続けることができるのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月9日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古