2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:23 Jun 15 2012

プーチン氏の当選で日露領土問題に転機か?

資料写真:プーチン氏がロシア大統領選で当選した

 ロシア大統領選でプーチン氏が当選し、日本に両国の北方領土問題を解決する希望を与えた。

 野田佳彦首相は5日、プーチン大統領と電話で会談し、ロシアと領土問題解決に向けて協議したいと語った。日本のメディアは、両国の領土問題を徹底解決するというプーチン氏の声明とともに、問題となっている領土の一部(歯舞、色丹両島)の日本への返還をずっと主張してきたことを大々的に報じた。

 2010年にメドベージェフ大統領が国後島に視察後、ロシアと日本の北方領土問題をめぐる対立はエスカレートしていった。日本はロシアの極東地域への資金・技術投入を削減すると威圧する一方で、ロシアは日本の傷口を突き刺し、第三国の参加を要請するなど北方四島への開発を拡大している。北方四島はロシアの実効支配下にあるため、日本は北方領土問題で心はやれど力及ばずの情況にある。

 今回のプーチン氏の再選で、日本はロシア新政権との接触を積極的に始めた。日本のメディアによると、日本側は5月に米国で開く8カ国(G8)首脳会議で野田首相とプーチン大統領の首脳会談をしたい考えだ。日本はまた、6月にメキシコで開くG20サミットと9月にロシアの極東都市ウラジオストクで開催予定のアジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットでの露日首脳会談も希望している。

 ただ、日本の積極的なアプローチがロシアの態度を柔軟化できるか?ロシア大統領の交代で両国の北方領土問題をめぐるにらみ合いに転機が訪れるか?

 専門家は、ロシアに北方領土問題で妥協を求めるのは現実的ではないと見ている。北方四島はロシアにとってかなり重要な戦略的位置にあり、ロシア極東の「フェンス」にあたる。歴史的に見ても、ロシアは港湾獲得のために戦争を繰り返してきた。北方四島はロシア極東の港湾の安全確保を意味する。

 また、ロシアは多くの周辺国と領土問題を抱えているため、日本に妥協すると連鎖反応が起きることへの懸念も、ロシアが北方領土問題を譲らない重要な理由となっている。

 豊富な資源もロシアが北方四島を手放さない重要な理由だ。北方四島は寒暖流が交錯する場所に位置し、魚類が非常に豊富だ。

 現在の状況からすると、ロシアの経済は安定的に回復しており、ロシアの強軍への夢も実現に向かっている。こうした情況にあって、誰がロシアの政局を握っても、北方四島のような重要な戦略的要地をロシアが手放すはずがない。

 露日の領土問題に転機が訪れるのはロシアの「気変わり」か?それとも日本の「思い込み」か?懸念が残るが、5月には謎が解けるだろう。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年3月9日

資料写真:ロシア大統領選で当選するプーチン氏
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古