2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:23 Jun 15 2012

中国人記者が野田首相に聞く復興への道

「日本再生は使命」
野田佳彦首相

 3月11日は、日本で東日本大震災が発生してちょうど1年。中国の記者である私たちは現役・退任の5人の政府高官である震災救援の第一線に立ち世界から注目を浴びた彼らに、日本震災からの復興の道の難しさと曲折、これからの決意や希望について詳しく話を聞いた。

 野田佳彦:震災復興と日本の再生は使命

 復興による日本の再生

 記者:1年前、日本は未曽有の大震災に見舞われました。1年後、日本は大きな痛手の中から経済をある程度加速させてきました。これはどうやって実現できたものと考えていますか?

 野田首相:当時、われわれには一つの信念しかありませんでした。大地震による被害に打ち勝ち、1日も早く被災地に復興の鐘を鳴らす。われわれはこの信念を胸に、震災以来、国を挙げて懸命に取り組み今に至っています。

 われわれは国会で第三次補正予算と関連法律の制定を行い、これによって震災復興部門、債権交付金、債権特区制度などに明確な道筋をつけたばかりです。特に再建を担う復興庁は、被災地に深くかかわり、被災地の要望をきめ細かく受け入れ施策を取っていくためのもので全国の再建の“司令塔”となり、再建と復興を推進・けん引していく役割を果たします。

 大震災に直面した日本は、難しい挑戦を迫られています。現状を回復するだけでなく、新しい日本を再建する。これは、いまの時代の日本人が歴史から与えられた使命です。「復興に向かう」歩みを速め、再生可能なエネルギー、医療改革を導入して、リハビリ用ロボットを導入するなどを通じて、われわれは災害復興の先駆者的事例となるだけでなく、同時に日本経済の再生を進めたいと思っています。復興の(外資投入、観光目的)の訪問であれば、すべて日本復興の力となり、われわれが歓迎するものです

 東日本各地の被災地と力を合わせて、日本国民全体が心ひとつに「復興を通して、日本を再生する」という新しい歴史を作り上げていきたいと思っています。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古