2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:24 Jun 15 2012

全国政協委員:腐敗は小さな芽の内に摘み取るべき

 「最高人民検察院は職務犯罪の取り調べと処罰、防止を強化する方針を打ち出した。これは焦眉の急だ。近年わが国の腐敗対策は大きく進展した。だが依然として長期的かつ極めて困難な課題だ」と、全国政協委員を務める石定果・北京語言大学教授は指摘。「腐敗は小さな芽の内に摘み取ることから始め、『ゼロ容認』を実行し、小さな腐敗が大きな腐敗へ変わるのを防ぐべきだ。特に制度建設を強化し、幹部の公務活動上の贈り物の受け取りに関する処罰規定を制定すべきだ。制度・規定は厳格かつ運用可能でなければならない。例えば現在市場に流通してる蟹券、月餅券などギフト券に対しても厳格に管理すべきだ」と提言した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古