2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:25 Jun 15 2012

毛新宇少将、記者の意地の悪い質問に巧みに回答

中日友好は避けられない発展の大局
インタビューを受ける毛新宇少将

 「この問題は私が回答するのは差し障りがある」「この問題は私からはなんとも答えかねる。ありがとう!」。全国政協委員、軍事科学院戦争理論・戦略研究部副部長で毛沢東の嫡孫である毛新宇少将の記者会見が10日午前、北京インターナショナルホテルで行われた。様々な記者からの質問を前に、毛新宇少将は自らの研究、把握、理解の範囲内のものに対しては真剣に回答。自らの研究や理解を超えた質問に対しては、誠実に意見を求める口調で「答えない」「答えかねる」と応じた。

 記者会見は午前中のグループ討論終了後に、国内外のメディア20社が参加して70分余り行われた。

 ■キーワードその1「発展モデル」

 「私は長年の個人的な学習と研究を通じて、中国が第14回党大会から打ち出した社会主義市場経済体制の構築は、比較的国情に沿った、科学的モデルだと考えている」。毛新宇少将は中国の経済発展モデルに関する外国メディアの質問に「社会主義市場経済の体制とモデルは、中国の経済改革の今後の発展を保証する最も科学的で、最も良いモデルだ。われわれの改革開放の所有制度の最大の成果は、公有制を主体として堅持しつつ、様々な経済の存在を認めたことにある。これは中国の国情に最も合致した、経済発展の最も科学的で最も理想的なモデルだと思う」と述べた。

 ■キーワードその2「腐敗対策とクリーンな政治の推進」

 毛新宇少将は「マルクスの唯物史観の路線に背くもの、大衆路線に背くもの、そして大衆の利益を損なう事は全て許されない。これは腐敗対策における最も具体的な要請であり、党中央が腐敗対策に力を入れている最も基本的な動因でもある」と指摘。「現在の腐敗の程度は」との共同通信の記者の質問には「中国共産党は党員8000万人余り(2010年の統計。現在は9000万人いると思われる)の大政党で、人数の上から言えば、腐敗分子は少数だ」と答えた。

 毛新宇少将は「中国共産党が新中国を樹立する以前、毛沢東主席は第7期中央委員会第2回全体会議ですでに『政権党になれば中国共産党は施政の試練に耐え、環境の変化と時代の変遷の試練に耐えなければならない』と警告し、注意を促していた」と強調。「中国共産党が政権党になった後、時代の変化とともに、一部の党員幹部は理論の学習をなおざりにし、世界観の改造をなおざりにした。だから腐敗が起きるようになったのだ」と指摘した。

 ■キーワードその3「中日関係」

 「今年は中日国交正常化40周年にあたる。最近、釣魚島や歴史問題など敏感な問題がいくつも上がっている。中日関係の改善に対してどのような提案、あるいは現在の中日関係に対してどのような見解を持っているか?」。共同通信の記者の質問に毛新宇少将は「中国はかねてより中日友好の継続を主張している。中日友好は避けられない発展の大局だ。中日友好には良好な基礎がある。古代の歴史から見ると、両国の文化交流は非常に緊密なものだ。近現代にいくつか不愉快な歴史はあったものの、両国人民は視線を前に向け、歴史の教訓は互いに汲み取るべきだ。長期的大局から見ると、中日両国の親善は両国人民、および世界の平和維持にとっても有益だ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古